茨城YMCAサイトは、近いうちに全面改装を予定しており、現在はその移行期間です。
早急に必要な情報などがございました場合には、メールフォームでご連絡ください。可能な限り優先的に対応いたします。
なお、コンテンツが画面に正しく表示されていない場合は、[F5]キー(または[SHIFT]+[F5]キー)で、データの再読み込みを行って下さい。

理事長より

新年度を迎えるにあたって

2009年4月 茨城YMCA理事長 柴川林也

理事長  新年度を迎えるにあたり、日頃茨城YMCAの子育て支援活動、青少年教育等の諸活動に対して、暖かいご理解とご支援をいただいております皆様にご挨拶申し上げます。
 2009年で15周年を迎える茨城YMCAは、2007年11月から「チャイルドケア・センター」が「つぼみクラス」のあるつくば市東新井に移転して、60名の園児を受入れるまでになりました。これは指導に当たられる先生が両クラスで相互に柔軟な対応ができるようになったからです。また、ご理解とご協力を頂いているTCC委員会の皆様に深く感謝しています。
 今年度から上記を一体化し、幼稚園と保育園の両方の特徴を持った新たな保育プログラム『茨城YMCA幼保園』とし、皆様のご期待に応えるべく努力をしております。つくばエクスプレス、つくバスなどの交通機関の開通や整備が進むなかで、つくば周辺に住む人々が増えており、お子様を持つご家庭への「子育て支援」に、茨城YMCAは一層応えていかなければならない責任の大きさを痛感しています。今後、新しいヴィジョンを掲げて幼児教育・保育支援の両面の特徴を兼ね備えたプログラムの編成と実現に向けて、更なる努力を重ねてまいる所存です。YMCAの支援団体である「茨城ワイズメンズクラブ」も発足から3年を経過しましたが、その活動も順調に展開しており、YMCAに対し、いつも暖かい支援をいただいております。
 また、青少年教育活動では参加児童も400名を超えました。筑波大学をはじめ、多くの青年ボランティアの協力により、学童保育や野外活動、キャンプ、スキー、障害児支援等々の活動をさらに充実させてまいります。
 神様の導きを祈りつつ、近隣教会のご支援をいただき、また地域の皆様のご要望にも耳を傾けながら、地道にかつ謙虚に励んでいきたいと思います。今後とも、皆様のご支援とご協力を心からお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

新年度を迎えるにあたって

2008年4月 茨城YMCA理事長 柴川林也

 新年度を迎えるにあたり、日頃より茨城YMCAの諸活動に対して、暖かいご理解とご支援をいただいております皆様にご挨拶を申し上げます。
 昨年、チャイルドケア・ホーム(幼児教育)は、つくば竹園地区から宣教師館の1階に移転し、TCAC会館で3歳児を教育している「つぼみクラス」との相互連携がきわめてよくなりました。これは指導に当たる先生が両クラスで相互に柔軟な対応ができるようになったからです。ご理解とご協力をいただいたTCC委員会の皆様に深く感謝しています。つぼみクラスは現在28名、チャイルドケアは約20名で、YMCAの個性と創造性を引き出す教育システムを評価されてきていることを関係者一同受けとめ喜んでいます。
 つくばエクスプレスの開通により、つくば周辺の人口は増えつつあります。特に、若い夫婦のつくば市周辺に住む人々が増えており、お子様を持つご家庭への「子育て支援」に、茨城YMCAは一層応えていかなければならないと責任の大きさを痛感しています。
 MCAの支援団体である「茨城ワイズメンズクラブ」も、発足から2年経過しましたが、その活動も順調に展開しており、YMCAに対するいつも暖かい支援をいただいております。
 茨城YMCAは今後、新しいヴィジョンを掲げて幼稚園教育などを含む一貫した教育体制の夢の実現を目指して努力してまいりたい所存です。神様の導きを祈りつつ、地域の皆様のご要望にも耳を傾けながら、地道にかつ謙虚に励んでいきたいと思います。今後とも、皆様のご支援とご協力を心よりお願いしてご挨拶とさせていただきます。