茨城YMCAサイトは、近いうちに全面改装を予定しており、現在はその移行期間です。
早急に必要な情報などがございました場合には、メールフォームでご連絡ください。可能な限り優先的に対応いたします。
なお、コンテンツが画面に正しく表示されていない場合は、[F5]キー(または[SHIFT]+[F5]キー)で、データの再読み込みを行って下さい。

YMCAについて

YMCAの発足

歴史的なYMCAのマーク

 キリスト教青年会「YMCA(Young Men's Christian Association)」は、キリスト教精神を基盤にした世界最大の青少年社会教育団体です。
 産業革命時代の1844年、イギリス・ロンドンで、ジョージウィリアムズを中心とした教派を異にする12名のキリスト教徒の青年たちが会合を重ね、次第にそれが青年たちを啓発する教育・文化活動に発展し、キリスト者に限らず青年層に対する啓蒙および生活改善事業のための奉仕組織として創立しました。
 1855年には、スイスのアンリ・デュナンによってフランス・パリで最初の世界YMCA大会が開かれYMCA世界同盟が結成されました。
 現在では全世界の約120の国と地域に10,000を超えるYMCAが活動し、それぞれが主として青少年達を対象とした様々なプログラムを提供しています。

日本のYMCA

YMCAのマーク  日本では、1880年5月8日、若い牧師有志たちによって日本最初のYMCAである「東京YMCA」が発足しました。
 初代会長に就任した小崎弘道は、「Young Men」を「青年」と訳し、「Young Men's Christian Association」を「基督教青年会」としました。これは「青年」という語の発祥とされています。
 その後に発足したいくつかの学生YMCAは学生YMCA同盟を結成(1897年)し、東京・大阪・横浜・神戸の各都市で発足したYMCAは日本市YMCA同盟を結成(1901年)しました。そして1903年に、この学生YMCA同盟と日本市YMCA同盟が合体して日本YMCA同盟が結成され、YMCA世界同盟に加盟しました。
 2017年、日本のYMCAは・・・